大聖寺会館エレベーター設置他工事

どうもお久しぶりです。

髙木です。

 

今回は珍しく仕事についてのブログにしたいと思います。

 

題名にある通り、8月からこの工事を行っています。

 

初の現場代理人、初の改修工事ということで

不安しかありませんが、なんとか工事が進んでいる状況です。

 

工事の内容は簡単に言えば、家の中にエレベーターを設置します。

それに伴う内部の解体であったり、間仕切壁を新たに作ったり

クロスの貼替、外壁・屋根の塗装を行います。

 

明日からエレベーターの基礎になる部分の掘削工事が始まります。

暑いですが熱中症には気を付けて施工管理を行っていきたいと思います。

 

竣工は9月末ですので

次のブログは完成した写真を見せれると思います。

より良い建物になるように、お客様に満足して頂けるように

頑張ります。

 

蝉も応援してくれているのかな。(笑)

ご安全に。

 

 

 

One thought on “大聖寺会館エレベーター設置他工事

  1. 建築現場の施工管理の仕事に関わる中で、現場代理人としての役割を担うこと、技術者としての役割を担うこと、これらは、現場におけるほぼすべての権限を持つこととなり、一番の醍醐味であると同時に、重たい責任ものしかかってきます。
    お客様のことをよく考え、図面にはのっていないことでも、工夫しながら、勉強しながら、頑張ってつくりあげてください。
    期待しています!
    ご安全に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。